4.だらだら試験勉強


ゴールデンウィークは旅行にすべてを費やしたのでなにもできない。

旅行から帰ってきてすぐに仕事なので旅行の疲れを引きずったままで、
5月10日土曜日まではほとんど勉強ははかどらないで終わった。

なんか体調も悪かったし、香港に一泊したしSARSか?
微熱もちょっとあったし、下痢気味だったし、セキもちょっとあったし・・・、
でも気のせい気のせい、で済ましたら問題なかった。
しかし勉強をするという状況ではなかった。


さて日曜日こそはがんばらなければ!

とおもったがおきたら午後2時、
お昼を食べにいき図書館によって帰って来たら午後4時半、
図書館で借りてきた旅行ガイドブックをちょっとよんだら5時、
もうおねむのお時間・・・、

3時間ぐらい寝ておきると8時過ぎ、
なんだかんだやっていたらもうほとんど勉強する時間はなく、
結局2時間ぐらいやっただけ、

この時点で350ページの参考書の150ページぐらいが終わっていた程度、
本来ならゴールデンウィークが終わって1週間で参考書を終わらせて、
月曜日からは問題集をやっていく予定だったのだがとてもとても無理。


試験はもう次の日曜日なのに、いまいち気分がのってこない、
勉強する気にならないままだらだらと1日1時間から2時間しか勉強しない日々、
とりあえず参考書だけでも終わらせたいので無理やり進めていく。

この時点ですでにもう受けるのやめようかなー、とあきらめムード。
だって勉強ぜんぜんしてないし、落ちて当たり前、受けに行くだけ時間の無駄では・・・。


測量士補の試験は計算問題が結構ある、
内容は簡単なものから難しいものまでさまざま、

公式があるのでそれを覚えれば数学の問題になるのだが、
かなり多くてすべてを覚えるほどの時間はない、
さらに文章問題用の単語なども覚えていかなければいけないので時間がない。

ちゃんと勉強すれば計算問題はほとんどできるようになるから結構簡単な試験かもしれない。


でもあくまでまじめにちゃんと時間をかけて勉強すればの話、
私にはそんな時間さっぱりないのでただただ参考書に出てくる例題の解答を読んでいくだけ、
自分で考えてといている時間なんかさっぱりない。


しかしそれでもまだ時間が足りない、
土曜日になってやっと参考書が残り50ページぐらいになった。
でもただ読んできただけなのではじめのほうの内容とかさっぱりお忘れ。

ここは徹夜でもしてすべて終わらせた上にもう一度最初から読み直さなければ!

と思ったのだがまた間の悪いことにこの前日から右目が結膜炎になった、
土曜日の午前に眼科に行って目薬をもらうのだが、
痒くてしょうがない、
私はコンタクトをしているので右目だけはずしているので物は見にくいし集中できない、
とても勉強どころではない。

もういいか、どうせ落ちるんだしこのまま寝てやれ!

結局、試験前日は参考書すらやらないという状態で終わった。