15.実は最難関試験?


先のページを見てもらえばわかるように私は60%が合格ラインだと思っていたが実は65%だったみたい。

でもそれなら私の自己採点の60点ぐらいで何でうかっているのだろうか?
1つは1問1点ではないこと、

問題によっては2点とか3点のものもあり、
その点数配分については知らされていないのでうまくそれが正解していると点数が上がる。

もう1つは自己採点が不正確であったこと、
これはあたりまえといえばあたりまえなのだが、
通常の試験だとすぐに問題と解答が発表されるので、
自分の解答をかなり正確に覚えているうちに自己採点ができる、
それがこの試験では2週間近くたってからの自己採点だった。

さらになにせさっぱりわからないというところもあり、
そんなのがいくつもあったので自分がどれを解答したかをさっぱり覚えていない問題がいくつもあった、
これが実は正解になっていたということで点数が上がったと考えられる。


それにしても
17102人中2294合格なので、

(2294/17102)×100=13.4%


合格率13.4%!


今まででも18〜20%と結構難しい試験だったのだが、
今年はそれをさらに上回って難しかったようだ、

それにしても測量士の合格者総数78人ってなに?
3%しかうかってないじゃん。(測量士はいままでは合格率10%前後)

たいした資格でもないのに司法試験並み、
まあ高校生とか受けているからそんなものなのかな?

資格スクールでも試験直後の今年の試験の解説で比較的簡単な問題が多かったと書いてあり、
まあ私でも結構できたんだから確かに簡単だったのかなと思っていたが、
実際はそうでもなかったようだ。