1.シスアドとは


10月20日(日)、
シスアド(初級システムアドミニストレーター)の試験を受けた。

このシスアドとはパソコン関係の資格ではかなり有名なもの、
その内容は簡単にいうとシステムの管理者、
パソコンの設定やネットワークの構築などを行なうのが仕事。
シスアドは初級、上級とあるが上級はかなり難しいみたいなので普通の人は初級で十分。


4月に受けた基本情報処理技術者試験に合格していたので、
初級シスアドはこれにくらべると簡単、
合格率だけを見ても情報処理15%前後に対して、
シスアドは30%前後、
ましてや資格ゲッターロボ「なべ」なのだからこんな試験余裕だと思っていた。

情報処理の試験と似たようなところもあるので勉強も楽のはず、
エジプト旅行もあり、他の資格試験もあったのでそもそもあまり勉強する時間がなかった、
しかしそれは7月にシスアドの申し込みをした時点でわかっていた。

7月中旬に試験を受けてその次の試験が8月下旬で、
9月は他の資格試験、旅行で全く時間がなく、
10月になるとやっと時間がとれるようになる程度なので、
7月の試験が終わったところで先行して参考書を午前の試験範囲まで1度読んでおいた。
(5月にもこのように過密スケジュールな時があり先行入力をした、
やはりちょっと試験受け過ぎなのだろうか?)