6日間戦争


しかも1日70ページのノルマもある、
5ページで問題と解答の解説が1つあるくらいなので、
70ページだと12問ぐらい、

考えれば解けるかもしれないが時間がないので、
問題を読んだらそのまま解答を見て解答を追いながらとき方を覚えるというようにしていく、


それでも1日目は疲れがたまりすぎて40ページくらいしか進まなかった、
(4時間ぐらい勉強したのだが、疲れてて集中力が落ちてたね)

1日目から遅れているので次の日からは、
仕事の休憩とか昼職の時間にも勉強をする、
この結果15ページ遅れを取り戻し55ページまで進む、

2日目の夜は55ページからスタート、
この日は残業で8時まで仕事をしていて戻ってきて夕食を食べて風呂に入ったら9時を回っていた、
仕事が長引いて疲れていて昼間も合間をぬって勉強していたので眠くてしょうがないのだが、
午前1時までがんばって100ページまで進む、

これだけやっても40ページ遅れ、

やはり計画にちょっと無理があるような気がしないでもないような・・・。


3日目も合間に勉強をして
120ページまで進んだところからスタート、
午後7時からはじめて午前1時までやって170ページぐらいまでいった、

これでもまだ40ページ遅れ、

・・・・・、


4日目は昼とあわせて230ページくらいまで進んだ、

50ページ遅れ、

・・・・・、

時間ないのに増えてどないすんねん、
という突っ込みを自分に入れて笑っちゃうくらい限界状態、

5日目はもう今日で終わらせんといかんと思い、
昼にやった分までで一般のプログラム問題が終わっていたので、
余裕ないからプログラム言語の選択の部分はプログラムがわかるJAVAの問題だけをやることにした、

それが6問くらいあったのだが、
JAVAからはなれて2年くらい経っているということもあるが、
それにしても難しくなっている、

またプログラムも長い、
長いものでは4ページにわたって永遠とプログラムが書かれている(最短で2ページ半)、
疲れがかなりたまっていてつらいところにさらにそれ、
結局プログラムを追うだけでも6問をやっと理解するぐらいだった。
(疲れていたので1問やっては2,30分休憩というようになっていたのでかなり遅いペース)


私はほとんど解答から追って読んでいるだけで自分では考えていない、
それではだめなことはわかっているのだが時間がない、

本当の試験だと一般プログラム5問、プログラム言語2問の計7問で2時間半時間がある、
よって1問あたりの時間は20分ぐらいとなる、

まともにこの時間かけてといていたら、
終わるのは試験が終了してから数日後とかになってしまう、
緊急処置としてはしょうがないだろう。


6日目は土曜日でもう試験前日、
出張からかえるため疲れるし勉強時間も短くなる、

さらに日本には勉強しすぎ税なるものが存在して、
幸い罰金刑ですんだのだが(もうちょっと勉強をしすぎていたらあぶなかったかも)、
それで35000円を払う事になった。
(意味わかんないだろうけど近いうちに掲示板に書くのでそれもわかります、
今はさらっと流しておいてください)

家に戻って夕食を食べたら午後9時、
かなりつかれていたがそれでも午前のほうの参考書を読みなおさなければいけない、
明日まで頑張ればとりあえず試験勉強は終わるので、
気合で午前2時まで頑張ってもう一度読みなおすだけは読みなおした。
(もちろんこんな状態で覚えてるわけもないので読んだだけ)