資格の時代!


しかし社会人になって強制収容所から捕虜収容所に移動になり、
多少なりとも余裕が出てきた、
でもやっぱり捕虜収容所にもそんなに長居したいとも思わないので、
更なる移動を考える、

捕虜収容所から出るにはそれなりの手続きが必要になる、
ということで免罪符(資格)を集めることにする、

そのために去年の10月くらいから山ほど資格試験を受けて免罪符をとった。
でも捕虜収容所を出るにはやはりまだまだたりない、

今度は何をとろうかなと考えて、
得意分野になる(のかな?)化学はとりあえず危険物を取った、
ほかに化学のものをとるにしても、それ以外のことにも手を出していかないといけない、
そういえば私はパソコンが(自分で思うには)かなり得意なのに(まあ中級者レベルくらいにはなってるんじゃないのかなー)、
それに対して何の資格もない、

やっぱりこれからの時代は資格!

いくらパソコンができるといったとしても、
それを証明するものがないと相手が信用してくれるわけがない、

景気のいいときならまあとりあえず使ってみてだめだったらやめてもらうような感じにすればいいとでもなったので、
仕事をやってその能力を証明すればよかった、

でも今の時代はそうはいかない!

とりあえず雇ってなんて悠長なことをいっている会社は、
はっきり言ってアホな会社なのでつぶれるのは時間の問題、
そんな会社に入っても意味がない、

今だと経験とか資格がないんだったらだめ、
口では何とでもいえるからそんなのいちいち信用してられないよ、
と門前払いにされる、
能力を証明する場さえ与えられないのでどんな能力を持っていてもなんにもならない、

こんなときに資格があれば、
使えないかもしれないが資格もってるし、とりあえずやらせてみてもいいかも、
というようにいってくれる可能性がある、
これでなんとか能力を証明する場をやっと与えてもらえる、

要は今のご時世、
資格がなかったらスタートラインにすら立たせてもらえないというのが現状、

とすると何の証明にもならないにしても、
知らない人には情報処理を持っていればパソコンが結構使えるというように見え、
しかも簡単な情報処理は格好の標的!

あともうひとつパソコンの資格で有名なものとして初級シスアドがある、
これは参考書等を見たことがないが、
情報処理が簡単なら同じようなレベルだから、
これもとってやることにしようと思ったのだが、

情報処理と初級シスアドは実施している機関が同じところで、
同じ日に他の上級の資格も含めてすべて行うことになっていた。

どちらも簡単そうなのでどっちでもいいのだが、
まあせっかくプログラムのことも多少なりともわかっているし、
それのアピールも考えると情報処理かな?
ということで情報処理を先行して受けることにした。

でも情報処理は午後は簡単だから午前だけしっかり勉強していればいいや、
などと思っていて先のようにゲームをやったりして余裕をかましていた。