いきなりいい訳


この前の日曜日(4月21日)に基本情報処理技術者試験(以下情報処理とする)をうけにいった。

資格試験は1月から3月まではほとんど資格試験がなく空白期間になる、
まあ仕事も忙しかったからあったとしても受けれなかったと思うけど、
逆になぜか10月は資格試験がやたら集中する、
9月からどんどん増えてきて10月はラッシュとなる、
情報処理、宅地主任、公害防止管理者等々毎日曜日に有名なものだけでも3,4つぐらいある、
当然毎週受けてもうかるわけないのでどれをとるかで頭を悩ます事になる。

それはおいておいて、
とにかく平成14年度のはじめの資格試験、

私の状態は、
3月18日から連続1ヶ月以上出勤してギネスの世界記録を更新中まっただなか、

さらに3月22日からは長野県長野市に出張、
であるにもかかわらず毎週4時間以上かけて土曜日の午後8時ごろに帰ってきて、
日曜日は午前8時から工場で荷物の積み下ろし、積み込み、現場で使う物の製作等を行い、
午後3時くらいに出て午後7時につくというのを、
3月24、31日とやったあとに、

次の週の日曜日からは午後5時まで仕事をやって、
その日はそのままいて、
次の日の月曜の朝5時から出発して現場に9時前くらいについてそこから仕事をする、
というようなことをしていた。

本来は4月21日は1ヶ月ぶりの休みのはずだったのだが、
それも情報処理のおかげで休めなかった。

どう考えても状態は最悪、
本当なら受けなければいいのだが、

資格試験の最大の欠点である願書受付期間が2月の上旬までだった、
このころは4月になればかなり余裕が出るという話だったので申し込んだのだが、
まさかこんなことになるとは・・・。

まあ唯一幸いだったのは出張ということで夜やることがほとんどない、
しかも現場が5時過ぎに終わったとして5時半には旅館について、
風呂に入って夕食を食べても7時くらい、
やることがないんだったら試験勉強でもするかということになる、

しかしここでも問題が発生(というか作ったというべきかな)、
3月のころは暇だったのでテレビゲームを持っていってやっていた、
この間ももちろん勉強はやっていたのだが、
平均すると一日程度しかやっていなかった。