関連分野



※ 問題番号〔No.30〕〜〔No.35〕までの6 問題のうちから,3 問題を選択し,解答してください。

〔No. 30〕給水方式に関する記述として,最も不適当なものはどれか。

1. ポンプ直送方式では,インバータ制御などを行うことにより給水圧力は,ほとんど一定に保たれる。
2. 高置水槽方式では,給水圧力の変化が大きい。
3. 水道直結方式では,給水圧力は水道本管の圧力に応じて変化する。
4. 圧力水槽方式では,圧力調整弁を設けないと給水圧力の変化は大きい。


解答 2
正解 2


〔No. 31〕掘削工事をするうえで,止水又は地盤安定処理を行うための工法として,不適当なものはどれか。

1. 石灰パイル工法
2. 凍結工法
3. 山留めオープンカット工法
4. 薬液注入工法


〔No. 32〕建設作業とそれに使用する機械の組合せとして,不適当なものはどれか。

  建設         作業機械
1. 鉄筋組立       ガス圧接機
2. シートパイル抜き  バイブロハンマー
3. 鉄骨建方       タワークレーン
4. コンクリート打設   ブレーカ


解答 4
正解 4

これは土木の問題、前にがんばって勉強したので覚えてた。


〔No. 33〕架空送電線の鉄塔の組立て工法として,不適当なものはどれか。

1. 台棒工法
2. 移動式クレーン工法
3. 相取り工法
4. 地上せり上げデリック工法


正解 3


〔No. 34〕次の図に示す軌道構造の代表的な片開き分岐器において,イ,ロ部分の名称の組合せとして,適当なものはどれか。



    イ         ロ
1. リードレール   クロッシング
2. リードレール   ガードレール
3. トングレール   クロッシング
4. トングレール   ガードレール


正解 1


〔No. 35〕鉄筋コンクリート構造に関する記述として,不適当なものはどれか。

1. ラーメン構造は,柱や梁の節点を剛接合した骨組みで荷重を負担している。
2. コンクリートは圧縮力に弱く引張力には強いので,圧縮力に強い鉄筋で補強している。
3. 鉄筋とコンクリートの線膨張係数はほぼ等しい。
4. 鉄筋は,コンクリートがアルカリ性を保っている間は錆びない。


解答 2
正解 2



関連分野は、
6問中3問選択解答で結果として、



3/3

正解率100%!



かなり調子よくなってきた、
解答していてこれはいけるかなー、と思い出したのもこの辺です。




※ 問題番号〔No.36〕の問題は必ず,解答してください。

〔No. 36〕電話設備に関する配線用図記号とその名称の組合せとして,「日本工業規格(JIS)」上,誤っているものはどれか。

    図記号    名称
1.         内線電話機
2.         局線中継台
3.         本配線盤
4.         局線表示盤

解答 4
正解 2

えー、図記号入っていませんがあってもわかるもんじゃないので面倒なのではぶきました。
(この問題とか元がPDFファイルなので全部自分でHTMLに変換しているので面倒)
電気やってないとこんなのさっぱりわからないよ!