6.試験当日(午前)


まいどまいどだが話しがすごーーーくそれた、
これでもかというぐらい脱線した、
脱線というかすでに路線自体が違う気がする、
(私営とJRぐらい?)
しかも最近必ず1回はそれているような・・・
とにかく元に戻そう。


高校で試験を受ける事になり、
席についてまわりを見渡して時間割などを懐かしんだわけだ。

この試験の出席率は結構高くて90%ぐらいは受けていたと思う、
まわりは電気屋さんがほとんどのようだ、
聞こえてくる会話は電気工事のうんたらかんたらなどばかり、
場違いこの上なしだがまあペーパー試験なので工事をしていようがしていなかろうが関係ない、
まあ有利不利はあるだろうけど。


午前9時45分、
試験の説明が始まる、
最近は携帯が問題になっていて試験中になるととても困る、
だからどんな試験でも試験中は携帯の電源をきるように試験の説明のときにといわれる。

はじめにいって、さらに試験開始5分前くらいにももう1回いわれた、
にもかかわらず試験開始から1時間ぐらいがすぎたところで携帯がなる、

しかもバイブレーションじゃなくちゃんとした音、
それもかなりの音量、

試験中なのでかなり静かで注目の的、
でももちろんでるわけにもいかないし、
カバンの中にしまってあるので電源を切ることもできない、

こんなときに限ってしつこい奴が電話をかけてきたようで、
30秒たってもまだならしている、

当事者は、
はやくあきらめろよ!
でれねーんだよ!

と心の中で叫んでいた事だろう、
結局1分ぐらい鳴り響いたところで、
試験官がそこまでいってすぐに電源をきるようにといい、
そのあとあれほど言ったのになんで電源切ってないのか、
不正行為にあたるといったはずですよ、
などなどかなり怒られていた。

2回も電源切るようにいわれているのに切らん奴なんてそのまま追い出してやればいいのに。


午前10時に試験が開始された。

午前の学科試験は午後12時40分までの2時間40分、
でもどう考えてもそんなに時間が要らない、
マークシートなのでわからなければ答えようもない、
考えてわかるものでもないので
1時間半もあれば十分に終わる、
マークミスなども考えて2回見なおしても午前11時半には終わっていた。

この試験は試験終了時間までいれば試験問題をそのまま持ち帰ることができる、

1時間寝ていてもよいのだが、
後日この協会のホームページで試験問題が公表されるので待っている必要はない、
ただ自己採点をするために自分の解答だけは覚えておかなければいけない、
40問ぐらいだしマークなのでそんなに大変ではない。

というかここで自分の解答を覚えれない人はまず落ちる人といってよい、
というのも40問のなかでもこれは間違いないという問題はある程度ある、
これは絶対忘れないので覚える必要はないぐらいのもの、

他にも2択まではいってどっちかわからないけどこっちにしたというようにすれば、 まあこれも覚えていられるだろう。

あとの2択で適当に選んだとか、3択以上となれば覚えるのは大変だろう、
でもこんなのが何問もあったらまあ落ちるといってよい。

ようはこたえ合わせのできない人は落ちている人といってよいということ。


試験の次の日には試験問題が公表されていて解答もでていた、
これをプリントアウトして自己採点をおこなう。

今回は試験問題があるのでついでにどんな試験なのか、
自己採点状況とあわせて書いてみることにします。

ちなみにかなり難しくてつまらないかもしれません、
でもまあこんな試験もあるんだなーと思って付き合ってやってください。
(こんな試験をうけて苦労しているんです)