2.かなりマイナーな資格


受ける事は7月終わりにもうしこんだ時点で決まっていたのだが、
例によって他の資格試験が忙しくて勉強を始めたのはかなり遅かった。

10月10日(日)に他の資格試験を受けてその週の中頃にこの試験の参考書と問題集を買いにいった。


いつも参考書を買いに行く5階建ての大きい本屋で探す、
参考書と専門書だけで1フロアを占めているのでその書籍数はかなりのものなのだが、
この電気工事施工管理についての本は全然ない、

土木は選ぶほどあったのに電気は全然ない、
電気の資格の本の棚があるのでそこで調べているのだがみつからない。

土木は有名な資格というと土木施工管理技士しかない、
これさえもっていればOKというほどのものなのだが、
電気の資格というのは3つある、

1つはこの電気工事施工管理技士
もう1つは電気主任技術者
最後の1つは電気工事士


それぞれ資格の持つ意味は違う、
私が受けようとしている電気工事施工管理は施工管理なので、
一般的には大きい会社の工事の監督がうけるものなので受ける人の数は少なめ。


電気主任技術者は電力会社の送電線や発電所内の電気設備の工事をおこなうのに必要なもので、
電気というと当然電力会社の仕事が最も多いので結構有名、
ただこれを単体で持っていても余り意味がなく電気工事士の資格と併せ持つ事で初めてその効果を発揮する。
(第一種、第二種、第三種の3種類ある)


電気工事士は電気工事を実際におこなう人がもっていなければいけない資格で、
第一種と第二種がある、
第一種は無制限で工事ができるが第二種は制限がでる。


電気工事といえば当然工事をする人が最も多く、
その中で電力の中で仕事をする人もそれなりにいる、
そしてこの工事を管理する人は工事をする人にくれべると圧倒的にすくない。

ということで他の2つにくらべてかなりマイナーな資格になる、
当然の事だが参考書というのはその受験者数に応じてその試験に対応する参考書の発行している会社の数が決まる、

だから他の2つはいろんな会社がいろんな種類の参考書、問題集を出しているのだが、

電気工事施工管理技士に関しては一切なし!


他の2つで50冊ぐらい本があるのに一切なし!


ないなー、
これはどうしたものかなー、
この本屋は相当でかくここにないとするとどこにあるんだ?
インターネットで探さなければいけないのか?
マイナーは承知の上だがそれにしてもそこまでマイナーというわけでもないだろ、

1つ売っているものは知っている、
それはこの試験をやっている協会が発行している参考書、
しかし当然だがこの参考書は非常にわかりにくい、

土木施工管理技士に付いていえば、
4つの分野に分かれているのだが、

土木一般
専門土木
施工管理・法規

の3冊からなっていて、
それぞれA4版で300ページぐらいある。

こんなものよんでられるかーーー!

読むだけでもどれだけかかるんだよーーー!



正確に言うと参考書ではないね、


辞書!


この試験の辞書だよあれは。

電気工事施工管理技士も同じようなもの、
会社で10年くらい前に受けたのかなにかでそれがあるのだが、
読む気にもならない、
まあ10年前だといろいろと変わっているところもあるので話も違う。

もしこれを買おうとするとこのボリュームなのでお値段もお高い、
確か4〜5万円くらいしていたかな。

当然こんなものを買うわけもない、
しかし参考書なしで勉強もできようはずもない、
これはどうしたものかなー。


他のところにおいてあるんじゃないのかと思い、
本屋の中を徘徊してみるが電気系の本が置いてあるのはここ以外にない、
問題集だけは見やすい平積みで1種類だがおいてある。

これは土木施工管理の試験のときにも使った問題集と同じもので、
過去10年分の試験問題と解説がついている、
土木のときに役に立ったので今回も使えるだろうから、
問題集はこれがあればよい。

でも参考書がないと問題集のやりようもない、
なんとか見つからないかと本棚を何度も見る、

そしてついに1冊電気工事施工管理技士の参考書を見つける、
本棚の端の方に忘れ去られたかのように置いてあった。

何回か見たはずなのだが見落としていたようだ、
オーム社のもので全部でB5版300ページくらい、
内容はそれなりにわかりやすく悪くはない、
まあ悪かろうがもはや選択肢の余地がないのだが・・・、

土木のときは4科目でそれぞれ1冊ずつ薄めの参考書を買って読んだ、
しかし問題集をやってこれは必要なかったことに気づいたのはときすでに遅し、
問題のレベルは今回と同じようにすべてを1冊に収めた本で十分なものだった。

名前は違っても同じ施工管理の資格、
2級は簡単だろうからこれでも十分、

ということでこの参考書と問題集を買って帰る、
土木はトータル1万数千円もかかったが、
電気は6千円くらいですんだ。

受験するだけで1万円くらいかかっている、
資格試験は意外?になにかとお金がかかるものです。

試験は先に書いたように11月10日なのだが、
10月20日に別の資格試験(シスアド)がある、
まだ他の資格試験が終わっていないのに先に参考書を購入しておくことは普通に何度もあったのですでに当たり前、
勉強を先行入力する事も何度かあったりした。

無理して受けるといろいろとおかしな事が起こるものです。