ホームページを作ろうとした理由・構成の決定理由

読むときの注意
・「」は実際に言った言葉
・『』心の中で思ったこと
・()注意書き

'99 3月某日
 大学の友人からホームページの本をもらう。
『2700円もするのに、いい人だ』
これを機にホームページを作ろうと考える。
もともと作ろうとは思っていたのだが、 これといって書く内容がない、めんどくさいという理由から作っていなかった。
 書く内容は趣味の海外旅行について書くということで、海外旅行記という名前に する。
(そのわりには、はじめて書いた文章がホームページ作成日記なんだけどね、 まあそれはおいといて)

 まず、はじめにホームページの顔ともいうべき題目を書く。 せっかくだからプログラムをどこぞのページからいただいてきて(拝借?ぱくった?) つくる。
これだと文字だけなので軽い(というか普通に表示できる)

 つぎに背景とフォントの色の決定。多くのページは背景は白地にフォントが黒が 基本なんだけど、どうも見づらい、目がつかれる。そこで黒地に白のフォントにする。 これなら目にやさしく、スクリーンにもやさしいと思う、少なくとも私は。
(この辺が 自己満足)『実際はどんなもんなんだろう?』
 さらに、大体フォントが小さいので長い文 章などを読むときは大変だった。そこでベースフォントの大きさを5にしてみる。 ベースフォントが4以下だとかなり小さく見えるので、 たぶん読みやすくなってると思う、私は。(また自己満足)

 最後にリンクを作る。だいたい書く内容は決まっていたので簡単に終わる。
 だが この後が問題だった、また自己満足のためについ余計なことをしてしまった。みて もらえればわかるのだが海外旅行記のそれぞれのトップページには国名の文字の下に 地図のgifをうつして透けて見えるようにしてある。
 これもまたどこぞのページから いただいてきたんだが、よくわからないプログラムだけあってかなり大変だった。 1つ作るのに1時間ぐらいかかって合計3時間、ひたすらgifの位置、大きさを変えたり、 文字の大きさを変えたりしていた。
(そのわりには思ったほどカッコよくならなかっ た。かなりショック、でもいまさら後にも引けないので強行する。これがまた余計な 問題を起こすのだが、それはまた別のお話)

 とりあえずはじめての文章ということで、面白くもおかしくもない文章になったな、 でもはじめは肝心なので仕方ないだろう、ということにしておこう。(してください )
 ついでに白地に黒のフォントの基本設定でもこの文章を書いてみました、比較して みてください。

白地に黒のフォント